NOSAI制度の特色

農業は絶えず自然の脅威にさらされています。
そこで国の災害対策の一環として、政策的に作られたのがNOSAI制度です。
このため、法律(農業災害補償法)に基づいて実施されており、一般の保険とは
異なり次のような特色があります。

(1)一定規模以上は加入が強制されています
農作物共済においては、危険分散を図るため、一定規模以上の農家の加入が強制(当然加入)されています。

(2)国が掛金・運営費の一部を負担しています
NOSAI団体が事業を行わなければならないことになっており、農家が負担すべき掛金の約半分や、NOSAI団体が事業を運営するための経費の一部を国が負担しています。(建物・農機具は除く)

(3)農家が参加してみんなで助け合う制度です
農家が共済掛金を出し合って共同準備財産を造り、災害に備える農家同士の助け合いの制度ですから、引受けから共済金の支払いの基となる損害評価まで、集落から選ばれた役員によって行われています。

(4)損害防止事業を積極的に実施しています
農業災害に対する損失の補てんという本来の機能のほかに、災害を未然に防止する損害防止事業を通じて、地域農業の振興に寄与しています。

スポーツ少年団