農家が災害を受けたとき、その損害を補償し、農業経営の安定に資するのがNOSAIです。国の災害対策の柱として「農業災害補償法」に基づき行われており、農家の相互扶助を基本としてつくられています。
NOSAIは、損害補償のほかに災害を未然に防ぐため、各種損害防止事業を行い、地域農業を支えている農家のための制度です。


農業は 緑 土 水 を守り
豊かな食料を供給する産業です
わたくしたち NOSAI はみずからの知と技を磨き
信頼の絆によって損害の防止と補てんに努め
日本農業の発展と
うるおいのある社会づくりに貢献します


NOSAIは、7つの共済事業で農家経営の安定を確保します。

農作物共済

水稲・麦を対象にすべての気象災害、火災、病虫害、鳥獣害によって被害を受けた時に、損害の程度に応じて補償する事業です。

果樹共済

すべての気象災害、病虫害、鳥獣害、地震、火災などによって被害を受けた時に、損害の程度に応じて補償する事業です。

園芸施設共済

ガラス室や鉄骨ハウスなどの園芸施設や施設内農作物が、自然災害や病虫害などによって被害を受けた時に、その損失した費用を補償する事業です。
*新制度の施行に伴い(平成27年2月1日~)施設本体と附帯施設の補償が拡充されました。
*被覆材の補償については、従前と変更は、ありません。

農機具共済

所有または管理している農機具が自然災害、火災、地震、事故などにより損害を受けた時に、その損害の程度に応じて補償する事業です。

家畜共済

牛・豚が病気や事故で治療を受けたり、死亡・廃用などによって損害を受けたときに、その損失した費用を補償する事業です。

畑作物共済

大豆・茶・スイートコーンなどを対象にすべての気象災害、火災、病虫害、鳥獣害によって被害を受けた時に、その損害の程度に応じて補償する事業です。

建物共済

住宅・納屋・畜舎が自然災害・火災などによって損害を受けた時に、その損害の程度に応じて補償する事業です。

スポーツ少年団