小林市真方 伊藤塚

木崎原の戦いで戦死した、大将の伊東賀守などの墓標


都於群城(西都市)を本拠地とし、日向国の大半を治めていた伊東善祐。
元亀3(1572)年5月3日の夜、約3千名の兵力で、前線基地の三ノ山(小林)
から、島津氏家臣川上忠智の守る加久藤城を攻めさせた。
しかし、思わぬ抵抗に遭い、伊東軍はいったん木崎原(えびの市飯野)に
退却した。

(墓地に囲まれた伊東塚は、小林高校北側に位置します。)
飯野城で伊東軍を待ち受けていた島津義弘はその報告を
受けると、ただちに木崎原に軍勢を差し向け、5月4日両軍は
大激戦となった。
この戦いは島津氏側の大勝利に終わり、その後敗れた
伊東氏は急速に衰退し、かわって島津氏が日向国を治める
ようになった。これが後に「九州の桶狭間」と言われた木崎原
の戦いである。
この戦いで戦死した伊東軍のうち、大将の伊東加賀守など主
だった者2百余命が真方困幡塚に葬られ、この墓は後に伊東
塚と呼ばれるようになった。
慶安3(1650)年、島津の武将五代勝左ヱ門の子孫は加賀守
たちの霊を慰めるため五輪塔を建立した。
文化14(1817)年、小林地頭市田長門守源義宣は石碑を建て、
次の名文を堀り、広く世に伝えた。
「後の今を視る、今の昔を視るにひとしき」

(取材協力・・・小林市教育委員会)

  • 最終更新2011年04月21日

スポーツ少年団