農作物共済

水稲・麦を対象にすべての気象災害、火災、病虫害、鳥獣害によって被害を受けた時に、損害の程度に応じて補償する事業です。

農作物共済には水稲・麦があります。

 

●加入

耕地一筆ごとの損害を対象とする一筆方式(7割、6割)と水稲の品質低下に伴う生産金額の
減少について補償の対象にする品質方式(9割、8割)があります。水稲・麦ごとに、組合定款に
規定された耕作面積以上の農家は当然加入となります。上記耕作面積に達しない農家も
加入できます。
品質方式では、過去5年間の出荷量及び品位に関する資料提供の協力が得られるJA等に
おおむね全量を出荷している農家が加入できます。

●対象となる災害(事故)

すべての気象災害(風水害・干害・冷害など)、火災、病虫害(いもち・ウンカ・紋枯れなど)、
鳥獣害です。(肥培管理不良による減収は災害とみなされず分割割合されます)

●責任期間

本田移植期(または発芽期)から収穫までです。この場合の収穫とは適期に刈り取って
圃場から搬出することです。

●共済金額

  • 一筆方式
    1kg当たりの米価(麦価)にその筆ごとの引受収量を乗じたものです。

    共済金額=1kg当たりの米価×引受収量


    引取収量=  10アール当たり   ×引受面積
    基準収穫量の7割(6割)

    10アール当たり基準収穫量は、耕地一筆ごとに地力等級等に応じて決めます。
  • 品質方式
    農家ごとに、基準生産金額(過去5中3カ年の出荷実績の平均)の9割又は8割で補償割合を農家が選択します。補償割合9割を選択した場合、基準生産金額の9割~6割で付保割合を選択し、基準生産金額に付保割合を乗じたものが共済金額です。

    共済金額=基準生産金額×付保割合

    ※補償割合8割を選択した場合、付保割合は最高8割となりますので、8割~6割での選択になります。

●共済掛金

掛金の約5割を国が負担します。
共済掛金=共済金額×共済掛金率
(共済掛金率は組合及び地域によって異なり、3年ごとに改定されます)

●共済金の支払い

  • 一筆方式
    一筆ごとに基準収穫量の3割又は4割を超える被害が発生したときに共済金が支払われます。

    支払共済金=1kg当たりの米価×共済減収量
    共済減収量=(基準収穫量×0.7(0.6))-収穫量

  • 品質方式
    共済事故により減収や品質の低下があった場合(基準収穫量を下回った場合)で、
    かつ収入金額(生産金額)が基準生産金額の補償割合(共済限度額)に満たない場合に共済金が支払われます。

    支払共済金=(共済限度額-生産金額)×(共済金額÷共済限度額)

スポーツ少年団